各分野の実務能力に長けた専門家

介護保険制度において、実質的に統括する役割をしているのは、介護支援専門員という資格者です。介護保険制度が開始される前に、介護支援専門員は、存在していませんでした。しかし、介護という業務を行うためには、医療に関する知識についても、知っておく必要があります。すなわち、それまでの福祉だけの知識だけでは、介護に対応するためには不十分なのです。そうした介護に関わる必要性から生まれたのが、介護支援専門員になります。また、受験資格についても、多様な分野の専門家に対して与えています。例えば、福祉の分野からはヘルパーに、医療の分野からは看護師にといった具合です。しかも、医療においては全ての業務が可能な医師でも、介護支援専門員は受験しなければなりません。また、深い実務能力も必要なので、一定以上の実務経験についても求められます。したがって介護支援専門員は、各分野の実務能力に長けた専門家が、資格を取得しています。